従来型会計ソフトとクラウド会計

従来からあるデスクトップ型会計ソフトと、ここのところ急速にユーザー数が増加しているクラウド会計。当事務所では従来型の弥生会計とクラウド型の弥生会計オンラインの両方に対応しておりますが、それぞれメリット・デメリットがあり、お客様の状況ごとに向き不向きがあります。

購入・検討される際のご参考にしていただければ幸いです。

従来型会計ソフト

来型の、PCにインストールするタイプの会計ソフトです。(例 弥生会計)

良い点

・ネット接続を介さないので、入力処理が早くできる。

・一行仕訳、振替伝票、総勘定元帳、現預金出納帳など、帳簿組織上のどんな形態からでも入力しやすい方法で作業できる。(ある程度簿記の知識のある方には、効率化する余地がかなりあります)

不便な点

・法令の改正に自動的に対応しているわけではないので、適宜バージョンアップや場合によっては買い替えが必要になる(消費税の改正時など)

・帳簿組織のいろいろな角度から入力できる反面、会計知識があまりない方には、使う機能を決めておかないと、何の作業をしているのかわからなくなってしまうことがある。

ただ、お使いのユーザー様ごとに、普段お使いになる機能はかなり限られていますので、そちらを覚えていただいてルーチン化していただければ日々の作業はスムーズにできるようです。

クラウド会計

ここ数年で急激にユーザー数の増えてきたクラウドタイプの会計ソフトです。(例 弥生会計オンライン、MFクラウド会計)

良い点

・ネットバンキング、クレジットからデータを取り込んで自動的に仕訳が作成されるので、そのための準備を整えておけば膨大な件数があっても作業の手間はほとんどかからない。

・法令改正を気にすることはなく常に最新のバージョンで使うことができる。

・手動で入力する場合も、文章で親切に指示が出てくるので、会計の知識がなくても、的外れな処理をする可能性が極めて低い

不便な点

・ネットを介するので、基本的にはデスクトップ型より入力に時間がかかる。

・自動で仕訳が起こされるといっても、勘定科目など繊細な判断ができるわけではないので、ある程度手動で訂正したり、初期設定を細かくしておく必要がある。

手動での入力にはデスクトップ型よりかなり時間がかかるため、現金の領収書が多くあるような事業には使いにくいようです。ネットバンキングや経費のクレジット化、スキャナの準備など、クラウド型会計ソフトを使う前にインフラの準備ができれば、膨大な作業量があるユーザー様でもかなり軽減される可能性はあります。

どちらもメリット・デメリットはあり、事業の状況によって向き不向きがあります。

購入・乗り換えをご検討されている場合はご相談いただければお客様にあったソフト及びバージョンをご案内させていただきます。

ご相談・お問合せは無料です。

お電話でのお問合せは

045-222-8572

受付時間:9:00~17:00

休業日:土曜・日曜・祝日

 

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

通常当日または翌営業日中にご返信差し上げております。